TOPに戻る クーリングオフ 注意点 手続代行 依頼の流れ
依頼相談は 全国対応   電話 24時間 365日
よくある質問(Q&A)
質問  クーリングオフ期間は、契約した日から数えるのですか?
より正確には、「クーリングオフの告知など、法定事項を記載した書面」を受領した日から起算します。受領した当日を1日目と数えて計算します。
ですから、契約書類を渡されていない場合は、クーリングオフ期間が起算されない、ということになります。クーリングオフ期間が過ぎてしまったとあきらめる前に、契約書類をもう一度チェックしてみましょう。
質問  クーリングオフはハガキでも大丈夫ですか?
最も多い質問ですが、現行法制度上、一番確実な方法は内容証明郵便に配達証明を付けて送付する事です。従って、大丈夫ですとまでは断言はできません。
また、内容証明郵便であれば何でも良いということではありません。業者側に妨害や説得の隙を与えないよう、文章内容がしっかりしたものである必要があります。
何十万円・何百万円という契約であれば、専門家に依頼するなど、安心できる方法により、確実にクーリングオフ手続を行うことをお薦めします。
質問  クーリングオフの通知書はクレジット会社にも送るのですか?
販売店との契約と、クレジット会社との契約は、別の契約です。従って、クレジット会社にも送付する必要があります。
質問  契約書に、会社が複数記載されているのですが?
契約書に「販売店」「販売会社」「代理店」「取扱店」「クレジット会社」など、複数の会社名が書かれていることがあります。
全ての会社に宛てて発送する、という方法もありますが、よくわからない場合は専門事務所にご相談下さい。
質問  「クーリングオフしない」という確認書を書かされたのですが。。
クーリングオフをしないと約束させられた場合でも、クーリングオフを行使することができます。クーリングオフ制度の趣旨に反する約束は、無効となります。 
(例えば、特定商取引法第9条第8項など)
質問  「既に使用した商品はクーリングオフできない」と言われたのですが。
「指定消耗品」として指定された消耗品以外であれば、既に商品を使用したとしても、クーリングオフ制度が利用できます。
例えば、訪問販売により浄水器を設置し使用していたとしても、クーリングオフ期間内であれば、クーリングオフ制度を利用することができます。
質問  商品の返送費用はどちらが負担するのですか?
クーリングオフでは、商品の返却に要する費用、送料、商品の取り外し費用などは、販売店側の負担となります。
質問  販売店や担当者と連絡が取れないのですが。。
クーリングオフは書面により、販売店やクレジット会社に通知するだけでOKです。電話で申し出たり、担当者に口頭で伝える必要はありません。
電話でクーリングオフを了承してもらえたとしても、証拠書類が無い以上、クーリングオフ期間経過後になって、「そんなことは聞いていない」「知らない」といわれたら、トラブルとなってしまいます。
質問  「クーリングオフは承諾するが、違約金は払ってくれ」と言われた。
クーリングオフによる契約解除の場合、違約金・損害賠償の支払義務はありません。
質問  同じ訪問販売の業者と契約を繰り返すと、クーリングオフできないの?
特定商取引法では、訪問販売に来た業者が、店舗販売を行っている場合、1年間に2回以上、店舗販売を行っていない場合、1年間に3回以上繰り返し契約した場合、クーリングオフできない旨定めています。
ただ、これは、いわゆる御用聞きのような信頼関係に基づく契約を想定したものですから、業者がウソの説明をしたり、急がされて契約した場合など、信頼関係に基づく契約とはいえないため、クーリングオフを主張できることがあります。
クーリングオフ手続代行は、日本全国対応 の クーリングオフ専門事務所へ
遠くても 「実務経験の豊富な」 専門家へ
当事務所は、悪徳商法を扱って既に18年以上、これまでの取扱件数は、6000件を越えます。法律と実務は異なる点が多々あります。実務経験の浅い場合、思わぬトラブルを招く可能性があります。
解約実績 6000件 の当事務所が 「内容証明郵便」により手続を代行します。
クーリングオフは、契約解除の 「確実な証拠書類」 を残す手続です。
高額な契約、悪質な勧誘の場合には、クーリングオフの意思表示の証拠が残る 「内容証明郵便」 が確実な証拠書類となります。
法律家が関与することにより、クーリングオフ妨害を抑制します
  クーリングオフ妨害事例
契約書類をファックス・メールで送るだけ。(FAXはコンビニから送れます)
  クーリングオフ代行依頼の詳しい流れは、ここから確認できます。
クーリングオフの書面は、原則 : 「即日発信」 です。
休日、深夜だけでなく、クーリングオフ期限最終日、残り数時間でも対応。
アフターフォローも万全、24時間電話がつながる安心の事務所です
事後相談に、追加料金も回数制限もありません。何度でもご相談。
クーリングオフ依頼費用は完全後払い制です
解約実績 6000件 を超す、行政書士によるクーリングオフ手続代行です
依頼相談は 全国対応   電話 24時間 365日
■ 依頼に関するご相談に、費用はかかりません。
■ 365日 24時間 深夜も対応 ■ 土日 祝祭日 も受付
高額な契約・悪質商法には、内容証明郵便 をおすすめします。
悪質商法 悪徳商法 事例 手続代行 依頼の流れ
クーリングオフ質問 クーリングオフ妨害・注意点
クーリングオフ方法・仕方 クーリングオフ書面・書き方
TOPに戻る 運営事務所
投資マンション商法  ワンルームマンション 太陽光発電装置・オール電化
エステ(脱毛・痩身)・メンズエステ  化粧品・美容器・補正下着
資格商法・通信講座・二次被害 図書・書籍等の送りつけ商法
印鑑・水晶・印鑑商法・開運商法 掃除機・クリーナー
ダイヤド等ジュエリー・デート商法 浄水器・活水器・点検商法
家庭教師教材、指導付き習教材 家庭用ミシン・おとり広告
布団・寝具・点検商法・下取り商法 高級布団・SF商法・催眠商法
床下換気扇・排水管洗浄 屋根工事・外壁塗装 ユニットバス等リフォーム
電話機ビジネスフォン等リース契約 防犯・火災警報機・装置
マルチ商法・ネットワークビジネス 着物・帯・毛皮・展示会商法
絵画 ・シルクスクリーン・絵画商法 補正下着  電解洗浄水生成器
レジャー会員権・メンバーズクラブ クーリングオフ関係法令
エステ・PC教室等の中途解約 クーリングオフ制度の対象
芸能事務所・プロダクション・芸能スクール クーリングオフ制度とは
クーリングオフ代行のメリット クーリングオフ自己判定
クーリングオフ代行依頼者様の声 クーリングオフ期間