電話機リースのクーリングオフ代行
ビジネスホン リース契約 クーリングオフ
TOPに戻る クーリングオフ 注意点 手続代行 依頼の流れ
依頼相談は 全国対応 ビジネスフォン リース契約 クーリングオフ  電話 24時間 365日
電話機リース契約のクーリングオフ・解約代行
電話機・ビジネスフォン・賃貸物件への通信機器導入など
よくある勧誘事例 電話機リース・ビジネスフォンリース
「電話機が使えなくなる」などとウソを言って勧誘するケース
担当者が訪問してきて、「電話機が使えなくなる」「インターネットが利用できなくなる」「電話機を新しくしなければならない」などと、「事実と異なる説明」をして、電話機や主装置、ファイアーウォール、無停電電源装置などのリース契約を勧めてきます。
その上、「今なら、工事費無料」「後になると多額の工事費がかかる。」などと称して、その場で契約書類へのハンコを求めてきます。
勧誘の例
突然、「この地域は光回線になるので、御社がデジタル回線に対応しているか、確認をさせていただきたい」「明日、調査に伺います。」と電話があった。
翌日、担当者が訪問してきた。
電話周りを簡単に調べた後、担当者は、「現在使用中の電話機ですが、主装置がIP通信に対応していません」「いまの電話機ではIP通信に対応できないため、電話やインターネットが使えなくなります」「新しいIP電話に切り替える必要があります。」
「この地域の電話回線の工事が今月から開始されます」「工事が完了すると、IP通信に対応していない旧式の電話機は使えなくなります。」
「ただ、推進工事、キャンペーン期間中ですので、いまなら工事費は無料です。」「近隣の方は、この機会に殆どの方が契約をしました。」
「今回はキャンペーン期間中ですので、工事費用もかかりませんが、今回、この機会に対応しておかないと、いずれは自己負担で工事をする事になります。」
「この機会を逃さないよう、とりあえず回線工事の手配をしておきましょう。」と言って、申込書を出してきた。
勧誘の例
「2010年以降は電話回線が全てIP電話に移行する。」
「今の電話機のままでは障害により電話機が使用できなくなる。」
「現時点では工事費は無料だが、以後は、工事費が20万円程かかってしまう。」「いずれは機器を導入しなければならない。」
勧誘の例
「電話会社に依頼されて電話回線の点検をしています。」等と称して訪問
「回線の引き込みが変ったので無料で主装置を変えます。」「電話機を買い取りにすると、再リースをする必要がなく、84回払ったら自分のものになります。」
勧誘の例
「電話会社に依頼されて主装置の工事をやっている。」と称して訪問
「この辺りの電話回線は、光ファイバーの工事を終わったばかりです。」
「通信の高速化の影響で、雑音が多くなったり、プツッと切れたりする現象が起きていますので、順次、機械を更新していただく必要があります。」
「主装置を付けて、新しい電話機に変えないと、ますます聞こえが悪くなります。」
「遅かれ早かれ、必ず工事をしていただく必要があります。」
勧誘の例
販売担当者が来訪し、電話機の裏の日付を見て、
「もうすぐ使用期限が切れる。主装置を取り付けないと電話代が高くなる。」「主装置を取り付けるには電話機も交換しなければならない。」と言われ申し込んだ。
勧誘の例
「今、集中的にメーカーが工事および電話機の設置を行っており、工事費および電話機は無料である。」
「販売店からリースの契約を行うと七年ごとに再契約が必要となるが、メーカーと直接契約し、フルデジタル化すれば、その必要がなくなる。リースも七年のみで、その後、電話機はそのまま使える。」
勧誘の例
「電話の回線チェックをさせていただきたい。」と突然来訪
電話機を見ると、「ファックスと一体化している電話機が古いので、デジタルに対応できていない。不具合が出ている。」
「不具合をなくすには、デジタル対応の電話機に変更したほうがいい。」「今なら、工事費・設定費は一切かからない。」
勧誘の例
「IP電話にすると電話料金が安くなります。」
「しかし、この電話機のままではIP電話は使えないので、電話機を新しくする必要があります。」「今なら工事費が無料です。」「使用回線を減らせば、回線の基本料金も減らせますし、更に、通話料も安くなります。」
勧誘の例
「電話会社の回線の仕様変更があるので、回線工事が必要になる。」「事業所から順に回線工事をしている。」とのことで、担当者が来訪した。
「電話料金の内訳書の回線使用料が「事務用」と記載してある電話は、将来的にデジタル回線にしないと電話が使えなくなる。」
「今なら、特別に工事費は無料だが、後日の工事となると、工事費は15万円〜20万円はかかる。」と言われ契約をした。
勧誘の例
「事業者向けの電話料金は、近く月額2万円位に切り替わる。」「そこで、このリース契約をしたほうがお得。」「電話回線推進工事の為、工事費は無料となる。」「リース料金以外の別途費用は頂かない。」とのことで、申込みをした。
勧誘の例
「電話機のリース期限が切れましたので更新手続きを取ってください。」「更新手続きをしなければ使用できなくなります。」と言われ、契約をした。
勧誘の例
「現在のリース契約は解約する為、リース料は重複して支払う必要がない。」などの説明をされて、うっかりハンコを押したが、
実は、電話機のリース契約 (主装置一台、標準(置き型)電話機○台、コードレス○台など)で、約7年間(84回払い)もの長期に渡る高額な契約であったことを後になって気がついた。
慌てて販売店に、クーリングオフしますと言ったところ、「事業主はクーリングオフできません。」と言われた
よくある勧誘事例 ファックス リース契約
数年前に契約したリース物件について、販売担当者が来訪
「光にすればファックス回線も一本化して、電話料金も安くなる。」と言われ契約した。
月額リース料 13,000円(税別)、リース期間  72ヶ月
勧誘の例
「電話会社の特約店」と称して来訪
「この地区でまとめ工事があるので、今なら工事費がかからない。」
「事務回線なので、量販店で購入した電話機やFAX機てはトラブルが起きる。」「現在使用中のものは古い為、部品がないので修理がきかない。」と言われ契約した。
月額リース料 金11,500円(税抜) リース期間  72ヶ月
勧誘の例
販売担当者が来訪し、「光ファイバーを引く事により、通信費・経費が安くなります。」「その為には、受け皿の容量を大きくしましょう。」
「FAX機を入れ替えて、容量を大きくし、ついでに電話機も入れ替えましょう。総合的に安くなります。」と言われ契約した。
電話機 月額リース料金6,300円 リース期間  72ヶ月
ファックス 月額リース料 金12,000円 リース期間  72ヶ月
勧誘の例
「今使っている複合機について聞かせてほしい。」と担当者が来訪
「今のリース料は高いから、もう少し安くすることができます。」
「今ある複合機は、こちらで何とかしてあげる。」等と、預金通帳の引き落し金額を見て「今、引き落されている金額よりも ○千円安くなる。」等の説明を受け、契約した。
月額リース料 14,000円 リース期間 72ヶ月
コメント
*光回線にして、利用している電話回線の本数を減らせば、電話回線の基本料金を減らすことはできますが、そのことは、リース契約とは関係ありません。
*月額料金だけを見て、単純比較すれば、毎月の支払金額は減ったように見えるかもしれませんが、新たなリース契約を締結することにより、支払総額は増えてしまいます。
よくある勧誘事例  賃貸アパートへの 光 ルータ 導入 リース契約
賃貸アパートオーナーを狙った勧誘
担当者が来訪。貸しているアパートに光ファイバーを引くように勧められた。
「今は、インターネットも光でなければ、入居者も入らなくなる。」等と、しきりに光のメリットを強調し、アパート入居者向けに、インターネット光を導入するよう勧められた。
「入居者が光ファイバーの使用料を払うので、その使用料からリース料を払うというシステムです。」「つまり、オーナー様には、実質的な負担が無い、ということです。」
「入居者から回収した使用料がリース料に満たない場合でも、月額○万円を限度に当社が差額を立替えます。」「つまり、オーナー様の負担は実質0円ということです。」
「工事料も全部無料です。」との説明を受けた。指図されるまま、複数の書類に記名・押印した。
しかし、後日、書類を確認すると、契約書面上は、単に「ルータを借り受けるリース契約」に過ぎなかった。
また、リース契約と別に締結した「委託契約」・・(入居者から光ファイバーの使用料を収受する契約)も、リース料の総額が保証されるわけではなかった。
アパート1棟につき、月額約20,000円 リース期間 84ヶ月
勧誘の例
販売担当者が来訪し、
「光マンションシステムで、アパートの資産価値を高めます」
「設備をリース契約しますが、リース料の引落前に、同額が管理会社から引落口座へ入金されます」「つまり、差引き0円、実質負担0円です。」とのことだった。
しかし、後日、契約書類を確認したところ、入居者との間で同意が得られなかった場合には、お金が振込まれる保証は無い、ということがわかった。
アパート1棟につき、月額約15,000円 リース期間 84ヶ月
クーリングオフ手続代行は、日本全国対応 の クーリングオフ専門事務所へ
遠くても 「実務経験の豊富な」 専門家へ
当事務所は、悪徳商法を扱って既に18年以上、これまでの取扱件数は、6000件を越えます。法律と実務は異なる点が多々あります。実務経験の浅い場合、思わぬトラブルを招く可能性があります。
解約実績 6000件 の当事務所が 「内容証明郵便」により手続を代行します。
クーリングオフは、契約解除の 「確実な証拠書類」 を残す手続です。
高額な契約、悪質な勧誘の場合には、クーリングオフの意思表示の証拠が残る 「内容証明郵便」 が確実な証拠書類となります。
法律家が関与することにより、クーリングオフ妨害を抑制します
ip電話 ひかり電話 クーリングオフ  クーリングオフ妨害事例
契約書類をファックス・メールで送るだけ。(FAXはコンビニから送れます)
悪質電話リース クーリングオフ  クーリングオフ代行依頼の詳しい流れは、ここから確認できます。
クーリングオフの書面は、原則 : 「即日発信」 です。
休日、深夜だけでなく、クーリングオフ期限最終日、残り数時間でも対応。
アフターフォローも万全、24時間電話がつながる安心の事務所です
事後相談に、追加料金も回数制限もありません。何度でもご相談。
クーリングオフ依頼費用は完全後払い制です
固定電話 リース契約 クーリングオフ
解約実績 6000件 を超す、行政書士によるクーリングオフ手続代行です
依頼相談は 全国対応 電話機が使えなくなる クーリングオフ  電話 24時間 365日
■ 依頼に関するご相談に、費用はかかりません。
■ 365日 24時間 深夜も対応 ■ 土日 祝祭日 も受付
高額な契約・悪質商法には、内容証明郵便 をおすすめします。
悪質商法 悪徳商法 事例 手続代行 依頼の流れ
クーリングオフ質問 クーリングオフ妨害・注意点
クーリングオフ方法・仕方 クーリングオフ書面・書き方
TOPに戻る 運営事務所
投資マンション商法  ワンルームマンション 太陽光発電装置・オール電化
エステ(脱毛・痩身)・メンズエステ  化粧品・美容器・補正下着
資格商法・通信講座・二次被害 図書・書籍等の送りつけ商法
印鑑・水晶・印鑑商法・開運商法 掃除機・クリーナー
ダイヤド等ジュエリー・デート商法 浄水器・活水器・点検商法
家庭教師教材、指導付き習教材 家庭用ミシン・おとり広告
布団・寝具・点検商法・下取り商法 高級布団・SF商法・催眠商法
床下換気扇・排水管洗浄 屋根工事・外壁塗装 ユニットバス等リフォーム
電話機ビジネスフォン等リース契約 防犯・火災警報機・装置
マルチ商法・ネットワークビジネス 着物・帯・毛皮・展示会商法
絵画 ・シルクスクリーン・絵画商法 補正下着  電解洗浄水生成器
レジャー会員権・メンバーズクラブ クーリングオフ関係法令
エステ・PC教室等の中途解約 クーリングオフ制度の対象
芸能事務所・プロダクション・芸能スクール クーリングオフ制度とは
クーリングオフ代行のメリット クーリングオフ自己判定
クーリングオフ代行依頼者様の声 クーリングオフ期間