浴槽 浴室 風呂 ユニットバスのクーリングオフ代行
住宅リフォーム クーリングオフ
TOPに戻る クーリングオフ 注意点 手続代行 依頼の流れ
依頼相談は 全国対応 住宅リホーム クーリングオフ  電話 24時間 365日
ユニットバス 浴室 リフォーム 訪問販売 のクーリングオフ
風呂リフォーム よくある勧誘事例 1
販売(勧誘)する目的を告げず、事実と異なる説明をして訪問してきます。.
「このマンションで水漏れが発生している。」
「このマンションは鉄管を使用しており、錆びが非常に出やすい。」
「今日、このマンション内のほかのお宅の工事をしていたが、使用配管に問題があるため痛みがひどい。水回りを見させてください。」
↓マンションの管理会社からの依頼と思い、水周りをみてもらうと、
以下のように、事実異なる説明をし、不安感を煽ります。
「長期間メンテナンスが行われていませんね。」
「現在のユニットバスは、マンション建設当初のもので、かなり古く、水漏れやカビのおそれのある。」
「ここのマンションは取替えは必然なので1,2年以内にやらないといけない。」
「階下に水漏れしたら、、下の部屋の人に迷惑がかかる。」「このマンションで水漏れで200万もの損害を出した人がいる。」
「今のうちに改修した方が良い。このままにしておくと大変なことになる。」
↓そして、リフォーム工事を勧めてきます。
「本来200万円位かかるが、今手入れしないと長持ちしない。」
「今なら、他のお宅の工事とまとめてできるので、金額も安くなる。月々の支払いは、1万円程度でできる。工事も○日間で終る。」
「この特別価格は、今回でなければ、二度と出せない。」
「他の入居者の方は、皆さん契約しています。」
↓値段を聞いて、躊躇していると、
「明日から休みなんで、ぼくらがここに来るのは今日が最後。」
「水漏れしてから高い値段で工事をするか、それとも、安い金額で水漏れ被害が出ないうちに工事しておくか、ということです。」
↓それでも、2・3日考えたいと言うと
「こんなにまじめに話をしているのに、まだ分からないのですか?」
「水漏れ被害が出ないうちに対策をしておかないと、大変なことになりますよ?」
「いま何も対策をしなかったとすれば、大きな過失として、損害保険がおりるかどうかも、わかりませんよ?」
「自分さえよければいいんですか?」「他の入居者の方に、水漏れで迷惑をかけても、構わないと言う事なんですか?」
などと凄まれ、仕方がなく契約をした。
↓その後
書類を確認したところ、総額で百万円をこえていることに初めて気がづき、マンション管理会社に配管について電話確認してたところ、
「水漏れがあれば、こちらに連絡があるはずだが、1件も報告を受けていない。」
「そもそも配管に関してはマンション内部でも管理会社の管理下にあり、水漏れが発生しても保険が適用されます」
「配管はすべて塩化ビニール管で、鉄管は使用していません。」
とのことだった。
↓そこで
すぐに、業者に電話をしてクーリングオフを申し出たところ、「はい、分かりました。」と言われたので、安心していた。しかし、後日、担当者から工事日程の連絡が入った。
既に電話でクーリングオフを申し出たことを伝えたものの、「そのような話しは聞いていません」「クーリングオフの書類は出したのですか?」「出していないなら、クーリングオフはできません」と言われてしまった。
「担当者がいないのでわからない。」と言われ、連絡が取れ無い状態が続いた。数日たって、ようやく連絡が来たものの、「クーリングオフ期間も過ぎているので、解約はできない。」と言われた。
「既に商品も発注し、工事の手配も済んでいる。契約違反で違約金がかかる。」などと、非常な剣幕で大声を張り上げ脅かされた。
風呂リフォーム よくある勧誘事例 2
新聞の折り込み広告を見て
新聞の折込チラシで、「リフォームショールーム オープン大特価セール、1○○万○千円、先着○○名様」と書かれた広告を目にした。
本当に広告に書かれている価格でリフォームができるのか、聞いてみようと電話をかけたところ、
「実際にお宅を拝見しないと何とも言えませんので、直接、見積りに伺います。見積りはもちろん無料です。」とのことで、訪問を承諾した。
↓後日、担当者が訪問してきた。
風呂場・キッチン等の水回り部分を、短時間で見て回ると、
「現在のお宅の状態で、水回り部分をリフォームしますと、本当なら200万円ほどかかりますが、今なら特別にお安くすることができます。」
「リフォーム工事が終わった後に、モデルルームとして、見学用に開放していただければ、特別に100万円で工事することができます。」
「しかし、モデル工事としての応募は、〇○名様に限定されていますので、今日中に契約しないと間に合いません。通常なら、この金額では工事はできません。」言われた。
「急には決められない」「一晩考えさせてほしい。」と言ったが
担当者は、「今日じゃないと間に合いません。」「明日には募集は終わっています」「今日決めましょう」と言って、すぐ決断するよう迫まられた。
その間に、担当者の携帯電話が何度も鳴り、
その都度、「また1件決まりました。あと残り〇件だけです。」
と急かしてきた。
「名前を書いて、ハンコを押すだけでいいんですから、やりましょう。」
このようなやり取りが長時間続き、断りきれず署名・捺印をした。
↓その翌日
支払に不安を感じ、前日の話を断る旨の電話を入れたところ、
「当社のモデル工事、当社の工事実績としての宣伝の意味合いも含まれているのです。ですから、一方的にキャンセルされますと、責任が発生します。」「40パーセントの違約金が発生するかもしれません。」
「もう工事の準備は始まっています。断っても工事はしますよ?」
「例えば、お風呂だけとか、キッチンだけやるというのはどうですか?」
などと、説得されてしまった。
訪問販売のクーリングオフ
↓まず、
これら契約は、「営業所等以外の場所」における契約ですから、「訪問販売」として、クーリングオフ制度の適用対象となります。
電話でアポイントをとってから訪問してくることもありますが、この場合も、契約者側から契約の意思を持って販売員の来訪を要請したものではありませんから、「訪問販売」となります。
↓そして
訪問販売は、法定書面(法的記載事項を記載した書面。契約書など)を、受け取った日から起算します。 (受け取った当日を1日目として数えます。)
受け取った当日を含めて8日間以内に、「書面を発信」、
つまり、郵便局から、書留郵便や内容証明郵便など、証拠の残る形で通知書を発送することにより、クーリング・オフを行使することができます。
クーリングオフの行使方法は、口頭ではなく、「書面」によります。
浴槽 浴室  訪問販売 クーリングオフ 詳しい説明は、ここをクリックして下さい。
■訪問販売では、前記事例のように、クーリングオフを妨害したり、契約を維持するよう説得してくることがあります。 説得のために担当者が再度訪問し、そのまま説得されてしまう例も少なくありません。
■また、一度契約をすると(クーリングオフしなかった場合)、「メンテナンス」等と称して、その後何度も、勧誘に来ることがよく見受けられます。
■従って、最初の対応が肝心となります。最初に適切に対応しておくことが、クーリングオフのトラブルを最小限に抑止します。
■この点、専門の当事務所が関与(手続の代行)することによって、クーリングオフ妨害を事前に防ぐ事ができます。また、再度、押かけられて(呼び出されて)再勧誘される心配も要りません。
風呂リフォーム  訪問販売 クーリングオフ クーリングオフ妨害の例は、ここをクリック
■リフォーム工事の契約は、高額となることが多く、例えば、浴室とトイレ、キッチンのリフォーム工事のセット契約で、数百万円になることも少なくありません。
■クーリングオフの確実な証拠書類を残すためにも、クーリングオフ手続は、「内容証明郵便による手続」をお奨めします。
風呂 リホーム  訪問販売 クーリングオフ 内容証明郵便について、詳しくはここをクリック
クーリングオフ手続代行は、日本全国対応 の クーリングオフ専門事務所へ
遠くても 「実務経験の豊富な」 専門家へ
当事務所は、悪徳商法を扱って既に18年以上、これまでの取扱件数は、6000件を越えます。法律と実務は異なる点が多々あります。実務経験の浅い場合、思わぬトラブルを招く可能性があります。
解約実績 6000件 の当事務所が 「内容証明郵便」により手続を代行します。
クーリングオフは、契約解除の 「確実な証拠書類」 を残す手続です。
高額な契約、悪質な勧誘の場合には、クーリングオフの意思表示の証拠が残る 「内容証明郵便」 が確実な証拠書類となります。
法律家が関与することにより、クーリングオフ妨害を抑制します
浴室 改修工事  訪問販売 クーリングオフ  クーリングオフ妨害事例
契約書類をファックス・メールで送るだけ。(FAXはコンビニから送れます)
悪質リフォーム  訪問販売 クーリングオフ  クーリングオフ代行依頼の詳しい流れは、ここから確認できます。
クーリングオフの書面は、原則 : 「即日発信」 です。
休日、深夜だけでなく、クーリングオフ期限最終日、残り数時間でも対応。
アフターフォローも万全、24時間電話がつながる安心の事務所です
事後相談に、追加料金も回数制限もありません。何度でもご相談。
クーリングオフ依頼費用は完全後払い制です
悪徳住宅リフォーム  訪問販売 クーリングオフ
解約実績 6000件 を超す、行政書士によるクーリングオフ手続代行です
依頼相談は 全国対応 住宅リホーム  訪問販売 クーリングオフ  電話 24時間 365日
■ 依頼に関するご相談に、費用はかかりません。
■ 365日 24時間 深夜も対応 ■ 土日 祝祭日 も受付
高額な契約・悪質商法には、内容証明郵便 をおすすめします。
悪質商法 悪徳商法 事例 手続代行 依頼の流れ
クーリングオフ質問 クーリングオフ妨害・注意点
クーリングオフ方法・仕方 クーリングオフ書面・書き方
TOPに戻る 運営事務所
投資マンション商法  ワンルームマンション 太陽光発電装置・オール電化
エステ(脱毛・痩身)・メンズエステ  化粧品・美容器・補正下着
資格商法・通信講座・二次被害 図書・書籍等の送りつけ商法
印鑑・水晶・印鑑商法・開運商法 掃除機・クリーナー
ダイヤド等ジュエリー・デート商法 浄水器・活水器・点検商法
家庭教師教材、指導付き習教材 家庭用ミシン・おとり広告
布団・寝具・点検商法・下取り商法 高級布団・SF商法・催眠商法
床下換気扇・排水管洗浄 屋根工事・外壁塗装 ユニットバス等リフォーム
電話機ビジネスフォン等リース契約 防犯・火災警報機・装置
マルチ商法・ネットワークビジネス 着物・帯・毛皮・展示会商法
絵画 ・シルクスクリーン・絵画商法 補正下着  電解洗浄水生成器
レジャー会員権・メンバーズクラブ クーリングオフ関係法令
エステ・PC教室等の中途解約 クーリングオフ制度の対象
芸能事務所・プロダクション・芸能スクール クーリングオフ制度とは
クーリングオフ代行のメリット クーリングオフ自己判定
クーリングオフ代行依頼者様の声 クーリングオフ期間