TOPに戻る クーリングオフ 注意点 手続代行 依頼の流れ
依頼相談は 全国対応   電話 24時間 365日
業務提供誘引販売取引のクーリングオフ
内職商法 SOHO 在宅ワーク
よくある勧誘 パソコン関係の資格の事例
突然、勧誘の電話がきたり、あるいは資料請求後に勧誘の電話がきます
「在宅でお仕事をしてみませんか?データ入力の簡単な仕事です。」
「在宅ワーカーさんに欠員がでたので、ワーカーさんの募集をしています。」
「うちの会社が受注した仕事を、在宅でデータ入力してもらうお仕事です。」
「簡単な住所や電話番号の入力とか、パソコンを使ったお仕事です。」
「仕事は希望するだけあります。」
ただ、
「この内職をするためには、○○○検定(又は、レベルチェック・○○資格)に合格しなければなりません。」
もっとも、
「試験は簡単で、誰でも合格できます。合格できない方はいません。」
「パソコン○○検定は、ものすごく簡単な試験で、パソコンでインターネットを利用できる程度の知識があれば、ほとんどの方は1回で合格しています。」
ただ、お仕事をする条件として、
■「検定用の教材費用が○○万円かかります。」
■「業務提供システムの使用料や登録料・保証金などがかかります。」
■「もっとも、現金一括では払えないでしょうから、商品を購入したことにして、ローンを組む事ができます。これなら、月々○万円程度の支払です。」
過大な収入を告げ、「簡単に元が取れる」と、不実のことを告げる
「ランクによって、収入は異なりますが、○○さんであれば、○ランク程度ですから、月○万円は保証します。」
「月々のローンを支払っても残ります。」
「それどころか、皆さん収入があるので1年間で返済していますよ。」
「仕事がないということはありません。最低でも3万円は保証しています。」
↓このような説明の後、
■「採用の審査をします」と称して、一旦電話を切ります。
しばらく時間を置いてから再び電話があり、「審査に通りました」「採用となりました」と告げ、あたかも、雇用関係が生じるかのような説明がなされます。
■「人数限定なので、枠を特別に確保した。」と称して、契約(費用の振込)を急がせるケースもあります。
↓申込みの数日後、書類が届きます。
考え直し、電話で「クーリング・オフさせてもらいます。」と告げたところ、
■「電話で契約は成立しています。クーリング・オフはできませんよ。」
■「契約が成立した時点で、あなたの人材育成のために、各方面が動いているんです。あなたのために、何人もの人が動いているんです。」
■「これはお仕事なんです。勝手な理由でやめることはできません。」
■「こちらでも、採用や人材育成にお金をかけているんですよ?」
■「きちんとした説明もないまま、「ああ、そうですか」とはいかないんですよ。これはお仕事なんです。社会人として責任が発生するんです。」
■「クーリング・オフはできませんから。」と言われた。
■クーリングオフのハガキを送った後も、執拗に、「クーリング・オフはできません。これはお仕事なんですから、責任が発生するんです。」といった内容の電話が来た。
よくある勧誘 旅行業務取扱管理者試験の事例
突然、「家で簡単にできる内職を紹介している会社です。」「お仕事に興味はないですか?」などと、電話が来ます。
そして、電話で勧誘が始まります。
「模擬試験の採点のお仕事です。」
「旅行業務取扱管理者の模擬試験のテストの添削業務です。」
「模範解答を見ながら添削するので、誰でも簡単にできます。」
「○○○人の方にこの仕事をしてもらっていますが、60,70歳代のお爺ちゃん、お婆ちゃんもやっています。」
とはいえ、採点する訳ですから、旅行業務取扱管理者の資格は必要です。
「先生という扱いになりますから、資格がないと採点はできません。」
「旅行業務取扱管理者の資格を取った上で、お仕事が始められます。」
でも、心配はいりません
「この試験の合格率は高いんです。きちんと学習すれば、誰でも合格できます。」
「しかも、当社はテキストを出版している会社です。」
「資格試験の合格に向けて、適確な指導ができますので、確実に資格を取れます。絶対に受からせますから。」
「当社のテキストで勉強すれば必ず合格しますし、落ちた人はいません。」
「お爺ちゃん、お婆ちゃんでも合格しています。」「適切に学習すれば、誰でも受かります。」
「一旦は落ちた人でも、翌年の国家試験には必ず合格しています。」
「今から勉強すれば、1日30分くらいで受かりますよ。」
見込まれる収入について、過大に説明します。
「仕事は、1枚あたり○円で、1ヶ月にいくらでもできます。」
「そちらの希望通りにお金が入るよう、仕事を回します。」
「月に○万円以上仕事がしたい、という希望があれば用意します。」
「逆に、少しだけ仕事がしたい、という場合でも調整できます。」
「ノルマはありませんので、旅行など、お休みが欲しいときも大丈夫。」
「事前に言ってもらえれば、仕事の量は減らせます。」
収入で、すぐに元が取れるとアピール
「毎月○万円程度の収入が見込めます。」
「クレジット契約を利用してテキストを購入したとしても、在宅ワークの収入で、すぐ取り戻せます。」
「また、補助金や、奨励金が支給される制度がありますから、支払った残りのテキスト代を一括で支払うことも可能です。」
↓数日後、資料・書類が届いたものの、
調べた結果、そんなに簡単に合格できる試験では無い事を知り、ハガキで、クーリングオフの書面を送った。
すると、販売店からクーリングオフ妨害を受けた。
■「電話で契約は成立しているから、クーリング・オフはできません。」
■「この契約は商品売買契約だから、クーリングオフ期間は過ぎている。」
■「子供じゃないんだから、今更何を言ってるんですか?」
■「あなたのワクを確保してあるので、もう解約できません。」
仕事の内容について、「スーパーや飲食店に置いてある、旅行パンフレットを補充する業務」 というケースもあります。
よくある勧誘 トレースの事例
突然、自宅に電話が来ます。
「トレースの勉強をして、仕事をしませんか。」
「うちは、資格は必要ありません。」
「トレース課題で練習してもらえば、必ず仕事を回します。」
「トレース課題は簡単で、みんなすぐに合格して仕事をもらっています。」
「難しい本を読むとか、勉強することもなく、誰にでもできます。」
「自宅で簡単にできる仕事です。」
「小さなお子さんがいてもできる仕事です。」
「無理なく高収入を得ている方が、沢山いらっしゃいます。」
「月々7〜10万円の収入になります。」
「募集枠が決まっていますから、早く申し込まないと埋まってしまいます。」
などと過大に説明し、○○万円の教材販売契約を締結させるケース。
よくある勧誘 ちらし配りの事例
突然、自宅に電話が来ます。
「通信販売の商品を掲載したチラシを、ポスティングするお仕事です。」
「チラシを見た消費者から商品の注文があれば、そのチラシを配布した人に報酬が入ります。」「報酬はチラシの反響次第です。」
「商品毎に決まっている掛け率に応じて、販売手数料が得られます。」
「報酬はチラシの反響次第ですから、チラシを配れば配るほど、報酬が得られます。」「ですから、たくさんチラシを買って、たくさん配って下さい。」「コツは、なんといっても、たくさん配ることです。」
「月○万円以上の収入は確実。」などと強調して勧誘します。
「特約店の加盟料」や「チラシ代」として、○○万円の契約をさせたりします。
コメント
内職商法 業務提供誘引販売取引 の特定負担(契約金額)
テキスト・CD-ROMの購入や、システム利用料、保証金など、名目は様々ですが、おおむね、以下のような勧誘トークです。

電話で勧誘。 「在宅で、好きなときに好きなだけ仕事ができる。」
↓ただ、
「そのためには、○○検定(レベルチェック)に合格する必要がある。」
↓もっとも、
「誰でもう受かる簡単な試験。受からない人はいない。」
↓ただ、
「そのための教材(又はその他商品・サービス料)費用がかかる。」
*システム利用料や保証金などという名目の場合もあります。
↓しかし、
「月々、○万円の収入になるから、すぐに、費用の元は取れる。」
「仕事は好きなだけできる。」

このように、
■はじめは、費用がかかることには一切触れず、
■あたかも一定の収入が確実に得られるかのごとく説明し、
■試験は、誰にでも受かる、簡単な試験であることを強調。
■契約代金は、報酬で簡単に払っていける、などと安心させ、
■しかも、「人数限定なので、今すぐワクを抑える必要がある」などと、申込みを急がせ、契約を締結させるわけです。
内職商法 業務提供誘引販売取引 のクーリングオフ
内職商法 業務提供誘引販売取引 は、法定書面(法定記載事項を記載した書面)を受領した日から起算して、20日間がクーリングオフ期間です。
受け取った日から起算します。 (受け取った当日を1日目として数えます。)
受け取った当日を含めて20日間以内に、「書面を発信」、
つまり、郵便局から、書留郵便や内容証明郵便など、証拠の残る形で通知書を発送することにより、クーリング・オフを行使することができます。
クーリングオフの行使方法は、口頭ではなく、「書面」によります。
 詳しい説明は、ここをクリックして下さい。
■内職商法では、クーリングオフを妨害したり、契約を維持するよう、しつこく説得してくることがあります。
■また、一度契約をすると(クーリングオフしなかった場合)、その後、「○○の被害者を救済しています。」などと、あたかも、公的な救済機関であるかのごとき説明をして、全く新たな契約をさせる 詐欺商法 二次勧誘 もあります。
■従って、最初の対応が肝心となります。最初に適切に対応しておくことが、クーリングオフのトラブルを最小限に抑止します。
■この点、専門の当事務所が関与(手続の代行)することによって、クーリングオフ妨害を事前に防ぐ事ができます。また、再度、勧誘される心配も要りません。
 クーリングオフ妨害の例は、ここをクリック
■クーリングオフの確実な証拠書類を残すためにも、クーリングオフ手続は、「内容証明郵便による手続」をお奨めします。
 内容証明郵便について、詳しくはここをクリック
クーリングオフ手続代行は、日本全国対応 の クーリングオフ専門事務所へ
遠くても 「実務経験の豊富な」 専門家へ
当事務所は、悪徳商法を扱って既に18年以上、これまでの取扱件数は、6000件を越えます。法律と実務は異なる点が多々あります。実務経験の浅い場合、思わぬトラブルを招く可能性があります。
解約実績 6000件 の当事務所が 「内容証明郵便」により手続を代行します。
クーリングオフは、契約解除の 「確実な証拠書類」 を残す手続です。
高額な契約、悪質な勧誘の場合には、クーリングオフの意思表示の証拠が残る 「内容証明郵便」 が確実な証拠書類となります。
法律家が関与することにより、クーリングオフ妨害を抑制します
  クーリングオフ妨害事例
契約書類をファックス・メールで送るだけ。(FAXはコンビニから送れます)
  クーリングオフ代行依頼の詳しい流れは、ここから確認できます。
クーリングオフの書面は、原則 : 「即日発信」 です。
休日、深夜だけでなく、クーリングオフ期限最終日、残り数時間でも対応。
アフターフォローも万全、24時間電話がつながる安心の事務所です
事後相談に、追加料金も回数制限もありません。何度でもご相談。
クーリングオフ依頼費用は完全後払い制です
解約実績 6000件 を超す、行政書士によるクーリングオフ手続代行です
依頼相談は 全国対応   電話 24時間 365日
■ 依頼に関するご相談に、費用はかかりません。
■ 365日 24時間 深夜も対応 ■ 土日 祝祭日 も受付
高額な契約・悪質商法には、内容証明郵便 をおすすめします。
悪質商法 悪徳商法 事例 手続代行 依頼の流れ
クーリングオフ質問 クーリングオフ妨害・注意点
クーリングオフ方法・仕方 クーリングオフ書面・書き方
TOPに戻る 運営事務所
投資マンション商法  ワンルームマンション 太陽光発電装置・オール電化
エステ(脱毛・痩身)・メンズエステ  化粧品・美容器・補正下着
資格商法・通信講座・二次被害 図書・書籍等の送りつけ商法
印鑑・水晶・印鑑商法・開運商法 掃除機・クリーナー
ダイヤド等ジュエリー・デート商法 浄水器・活水器・点検商法
家庭教師教材、指導付き習教材 家庭用ミシン・おとり広告
布団・寝具・点検商法・下取り商法 高級布団・SF商法・催眠商法
床下換気扇・排水管洗浄 屋根工事・外壁塗装 ユニットバス等リフォーム
電話機ビジネスフォン等リース契約 防犯・火災警報機・装置
マルチ商法・ネットワークビジネス 着物・帯・毛皮・展示会商法
絵画 ・シルクスクリーン・絵画商法 補正下着  電解洗浄水生成器
レジャー会員権・メンバーズクラブ クーリングオフ関係法令
エステ・PC教室等の中途解約 クーリングオフ制度の対象
芸能事務所・プロダクション・芸能スクール クーリングオフ制度とは
クーリングオフ代行のメリット クーリングオフ自己判定
クーリングオフ代行依頼者様の声 クーリングオフ期間